いくら安くてカロリーが低くとも。。。

抹茶のデザートをイオンで買ってみました。イオンの抹茶デザート。普段はチョコレートベースのデザートを買うことが多いのですが今回は趣向を変えて抹茶、和のデザートにしてみました。といっても和菓子を買ったわけではなくて、小さなカップに入ったパフェのようなデザートを買いました。下からあずきで作られたムーズ、その上は抹茶のゼリー、抹茶のムースに抹茶のクリーム。仕上げにあずきのソースと抹茶のソースをかけてデコレーション。見た目も繊細で可愛らしいデザートです。カロリーも200キロカロリー弱でそれほど高くないし、値段も100円と少しなのでとってもお買い得なデザートです。お昼ご飯の後にデザートとして食べてみました。味も甘すぎずとっても美味しいこの抹茶のデザート。すっかり虜になってしまった・・・と思ったら、だんだん時間が経つにつれて抹茶のゼリーの部分が溶け出し、全て食べずに半分残しておいてものが見るも無残な感じになってしまいました。カップの中のデザートはドロドロに溶けてぐちゃぐちゃになってしまいました。ゼリーのくちどけを気にして柔らかくしたのでしょうけれど、それが温まるとひどいことになるのですね、残念。折角のカップ半分のデザートは食べられないままゴミ箱に行く羽目になりました(涙)

バッタリの再会

久しぶりに道端でばったりと友達に会いました。友達の小さなお嬢ちゃんも一緒で、ついつい長い立ち話をしてしまいました。

道端でばったりと誰かに会うと、どうしてこんなに話が盛り上がるのでしょうね!?約束をして会って話すのと、道端でばったり会うのと、どちらも話が盛り上がること確実なんですが、でも道端でばったり会う時の方が新鮮な驚きに満ちているから…だからついつい長話になるのでしょうか!?

友達は今日は小さなお子さんといっしょだったので、お子さんの話をしたり、自分の近況報告をしたりととても楽しくおしゃべりできました。それに近々、一緒にお茶かランチしに行こうと約束までしてしまいました。道での立ち話だけでは私たちの話は尽きそうになく、だからまた近々会ってお喋りすることにしました。

つい最近、家の近所に新しくカフェができたのでそこに行こうと思っています。オーガニックカフェで値段はちょっとお高めなんですが、でも評判の良いカフェなんです。今月中に会う約束をした私たち。次にカフェで会うときは一体どんな話で盛り上がるのか、それが今からとっても楽しみです。

Bioの考え方

 

「ビオBio」って何のことか分かりますか?ビオってあまり聞かない言葉かもしれません。でもヨーロッパではビオはとってもよく知られている言葉、健康的な生活スタイルというようなイメージがあります。例えばスーパーマーケットでビオのコーナーというと無農薬の野菜が売られていたり健康食品、添加物が使われていない食品が売られていたりします。その商品の一つに豆腐も売られていて、「あぁ、豆腐ってBio食品なんだ」としみじみ思ったこともあります。ビオの商品は少し値が張るものも多いのですが、でも健康をお金で買うことが出来ないので食料品から良いものを食べるようにして日々の健康に気を使ってみたいものです。そんなBioの食品を使ったレストランが実はいまジワジワと増えつつあります。例えばこのお店。静岡県にあるこのレストランではビオの食品を中心にどうやらメニューが組まれています。食べて健康になる、こういう考えは食育にとても大切ですよね、医食同源の考えにもつながると思います。健康的な生活をしようと考えるのならまず日々食べるものを見直すことから始めましょう!